MENU

衛生看護科

看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校の卒業の方が困難だと思う人も少なくありません。看護学校はおもったより厳しく、レポートが遅れてしまったり、試験に落ちるなどのほんの些細なことで留年指せてしまうようです。そういう厳格な学校を卒業して、国家試験もパスした方には、ぜひとも看護師のシゴトについてほしいものですね。高校に進むときに衛生看護科に進むと、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、最速で看護師になれるでしょう。ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更するのは大変です。また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、短い準備期間のために勉強時間や実習をする時間が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。看護師の国家試験は、年に1度あります。看護師の人数の不足が問題となっている日本のためには喜ばしいことに、直近数年において看護師資格の合格率は約90パーセントと非常に高い水準を推移しています。看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格を勝ち取ることのできる試験です。産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師をさします。看護師ときくと病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所で働く人もいます。シゴトの中身、役割といったことは勤務先ごとに違いますが、従業員の健康を守り、管理することは基本的なシゴトでしょう。看護士の求人は幾らでもありますが、要望に見合う条件の求人がある所以ではないのです。看護師資格の保有者で就職できればいいと思っている方はあまりいないものです。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤の必要がない勤務先に就職したいと大抵の方が思っているでしょう。要望通りの病院などに転職するには、情報の蒐集が重要になります。看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間の勤務となっているので、仮眠を勤務時間中にとることが出来るでしょう。月に8回までと国の指針によって決められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。働いている病院の勤務形態によっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、体調を崩しやすいのも、看護師が高い割合で離職していく理由の一部と思われます。看護師が転職をするには、未来のことを考えて迅速に行動を起こす必要があるでしょう。それから、どんな点が大事なのかを決めておくのがお奨めです。将来どうなりたいかをきっちりと考え、その要望が叶えられそうな転職先の情報をちょっとずつ集めて下さい。給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も考慮しておきましよう。現代は高齢化が進んで、福祉施設でも看護師のニーズは多くなってきているのです。また、大手の会社になると医務室等にも看護師がいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを実施しております。このような事例の場合は、社員としてその会社や企業に入社することもあることでしょう。看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較すると特殊な体制であり、勤め先によっても違ってきます。職場では一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているというケースが多いです。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制を取り入れている病院が多いです。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。看護師の勤務しているところといえば、病院と想像するのが一般の考えでしょう。でも、看護師の資格を持った方が役たてる職場は、病院以外にも様々あります。保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民のさまざまなヘルスケアをするのも看護師の職務です。それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、医療行為は看護師が行うことが多いです。看護士を志望する理由は実際に、どのようなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。転職の理由は今までに培ったスキルを活かしたい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。これまでの職場に対するマイナスのことは言わないようにして下さい。日本での看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円くらいになるのです。公務員看護師は給料UP率も民間の病院より高く、福利厚生の面でも充実しています。準看護師の場合だと、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。産業看護師は健康にはたらけるように従業員に保健について指導したり、メンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、ハローワーク等で見つけるのは難しいでしょう。興味がある場合は看護師転職ホームページを活用して下さい。看護士転職ホームページには、産業看護師の求人なども頻繁に載っているでしょう。修学旅行やツアーなどに連れ添って、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。結婚していて、コドモのいる人は週末に休向ことができたり、夜勤がもとめられない職場を要望しています。病院以外を職場とする為あれば、働こうとするところに適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。看護師免許を取るには、何通りかの方法があります。看護師免許を取得するには、国家試験受験の必要があるでしょうのですが、突然、試験を受けることは認められていません。試験を受け指せてもらうためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護について勉強することが必要です。