MENU

認定看護師

修学旅行やツアーなどに伴に行って、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。結婚して子持ちの人は土日に休めたり、夜勤をしなくてもいい職場を求めています。病院ではないところで働くのなら、はたらこうとするところに適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用が決まりやすくなります。全国の看護師年収は平均すると、437万円くらいです。しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円ほどになります。公務員看護師は給料の上昇する率も民間病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。準看護師だと、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。看護師の夜勤は、16時間などの長時間勤務となっていて、勤務中の仮眠が取れます。月に8回までと国の指針で定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。病院における看護師の勤務形態によっては、とても不規則な生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)を送るようになったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、離職する看護師が多い理由の一つかもしれません。看護士になりたい動機は実際に、どのようなことをきっかけにして看護師を目指すようになったのかを入れたら印象が良くなるはずです。転職の時の理由はこれまでに経験したことをいかしたいさらに人の役にたつスキルを習得したいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。前の勤務先に関するネガティブ(消極的、後ろ向きといった意味で使われています)なことは言わないようにしてください。産業看護師とは一般企業で働く看護師のことをさします。看護師といえば病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室を設置している会社もあって、沿ういう場所に勤務している人もいます。仕事の中身や役割は勤務する会社によって色々ですが、従業員の健康を守って、管理していくのは必ず行う仕事になるでしょう。高齢化社会が進み、福祉施設であっても看護師のニーズは広がってきているのです。それだけのことでなく、大きな会社になると医務室等にも看護師がいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを手がけています。このようなケースは、その会社組織の社員として入社をすることもありえるでしょう。看護師の勤めているところといえば、病院と考えるのが妥当でしょう。しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院以外にもいっぱいあります。保健所で、保健師の方と協力して、地域にお住いの方の健康上のいろんなケアをするのも看護師の役割です。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。看護師の資格を手にするには、何通りかの方法が考えられます。看護師の資格を取るためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなり試験を受けるワケにはいきません。試験を受けるためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護について勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)することが必要なのです。看護師の国家試験は、年に1度開催されます。看護師不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年における看護師資格の合格率はおよそ90%と結構高い水準を保ちつづけています。看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準以上だったらパスできる試験です。高校に入った時点で衛生看護科に進むと、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、最速で看護師になれるでしょう。しかし、途中でちがう進路を考えだしても変えることは難しいです。さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、短い準備期間のために試験勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)や実習が不足して合格するのが難しいともいえます。看護師の転職を成功させるには、将来のことを思い描いて早めに行動することが重要です。それから、どんな点が大切なのかを決めておくことをお奨めします。将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに合致した転職先の情報をちょっとずつ集めてください。年収は持ちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件もピックアップしておきましょう。看護師の勤務状態は、異業種と比較して結構特殊な上に、職場によっても異なってきます。現場では一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているというケースが多いでしょう。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制の方が人気があります。看護士の求人情報は豊富にありますが、望んでいる条件の求人があるとは限らないものです。看護師の資格を持つ人で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤がない病院などに勤務したいと大抵の方が思っているでしょう。求める条件に合う転職先で働くためには、たくさんの情報を蒐集することが大切です。看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校卒業の方が困難だと思う人も少なくありません。看護学校は大変厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに通らなかったといっ立ちょっとしたことで留年させられる沿うです。それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験も合格できた人には、できることなら、看護師の仕事をして貰いたいですね。産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健指導をしたり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワーク(ハローワークプラザやしごとセンターといった出先機関もあります)等で見つけるのは不可能ではないかと思います。興味のある方は看護師専用の転職ホームページをチェックしてみてください。転職ホームページなら産業看護師の求人も頻繁に載っているでしょう。